編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インテリジェンス、業界初「システム運用技術者」の派遣サービスを開始--12月1日より

新澤公介(編集部)

2008-11-28 15:57

 インテリジェンスは、開発したシステムの運用移行を支援する「システム運用技術者」の派遣サービスを12月1日から開始する。

 同社によると、運用開発の専門技術者の派遣サービスは、業界初の試みだという。

 サービスは、同社の教育プログラムを通じて、実践的な知識を習得したシステム運用技術者1名から2名が、システムユーザー企業で半年から1年業務をするものである。

 従来では、新システムの「開発」と「運用・保守」は、別の事業会社が請負う場合がほとんどだった。これにより、開発側と運用・保守側では、お互いの知識が不十分で、スムーズな運用開始や運用開始後のトラブルなどが多発していた。

 そこで、システム運用技術者は、開発したシステムをスムーズに運用するために、「最適な運用方法を設計・マニュアル化」「保守・運用担当者への対応指示」「初期トラブルに対する対応判断」などをする。さらに、専門的な業務知識だけでなく、コミュニケーション力、調整力といったビジネススキルが求められるため、常に経験者の人材需要が高いという。

 しかし、現状では人材不足のため、運用が軌道に乗るまでの半年から1年程度、システム開発を担当したシステムインテグレーターやユーザー企業の担当者がプロジェクトに拘束され、多大な人的コストを強いられてる。

 同社では、「今回の新サービスを通じ、運用開発の専門家を育成する新たなモデルを創出することで、IT業界の最適な人材流動化、人材配置を実現し、IT業界のサービスクオリティー向上に貢献していく」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]