編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アップル:Macユーザーは複数のアンチウィルスソフトを使うべき

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-12-03 07:32

 AppleのMacとPCを比較したテレビCMの1つでは、Windowsコンピューターはウイルス(マルウェア)を引きつけているが、Macは保護されているという強いメッセージが発信されている。PCが感染してくしゃみをしている横からMacがティッシュを差し出すという図は、Macが11万4000種類あるWindowsのウイルスに免疫があるということを示唆している。

 ところがテレビのスクリーンから離れたところで、Appleの出している技術的なアドバイスは違うことを言っている。まったく違うことだ。最近更新された、Appleのウェブサイトの技術ノートを見て欲しい。

 Appleは複数のアンチウィルスソフトの広範な利用を推奨している。これによって、ウイルスプログラマーは1つ以上のアプリケーションを迂回する必要が生じ、ウイルスの作成プロセスは困難なものになる。

(参照:How Snow Leopard can save Mac OS X from malware attacks

 このノートでは、続けていくつかの商用アンチウイルスソフトを挙げ(このうち2つが、Appleのオンラインストアで販売されている)、悪質なソフトウェアによる攻撃から本当に安全なオペレーティングシステムは存在しないという、正しいメッセージを発信している。

 われわれは既に、未パッチのMac OS Xの脆弱性を悪用することが非常に容易であることを知っている。また、Adam O'Donnell氏やその他の人たちが理論化したとおり、AppleのOSがマルウェア作者の本当の標的になるかどうかは、単に市場シェアの問題だ

 増えつつあるユーザーに対し、明らかな現実への備えを促していることについては、Appleを賞賛したい。哀れむべきは、誤ったメッセージに投じられたマーケティング費用だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]