ゴスリング氏、Javaの最新動向を説明:JavaFXとWiiの連携アプリも登場

杉山貴章(オングス) 2008年12月04日 18時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月2日から4日の3日間、東京ミッドタウン・ホールにおいてサン・マイクロシステムズによる「Sun Tech Days 2008 in Tokyo」が開催された。「ADVANTAGE:YOU」というテーマで行われた今年のSun Tech Daysは、合計48のセッションと5つのハンズオンによって、JavaやSolarisをはじめとしたサンが提供する様々な技術に関する最新の情報が参加者に伝えられた。

 本稿では初日に行われたJames Gosling氏によるキーノートセッションの様子をお伝えする。

Sun MicrosystemsのVice PresidentでSun Fellowも務めるJames gosling氏 Sun MicrosystemsのVice PresidentでSun Fellowも務めるJames gosling氏

 本キーノートのメインスピーカーであるGosling氏からは、Java周辺技術に関する最新の動向が伝えられた。

 同氏が近年繰り返し指摘しているのは、Javaがすでに1つのプログラミング言語の枠を離れ、マルチランゲージ、マルチデバイスのハブ的存在になっているということだ。現在では様々なデバイス上でJavaVMが動作する。また、各種スクリプト言語のように様々な言語のJavaVM版の実装が存在する。Java言語自体はすでに世界中のあらゆる場所に浸透しているが、今後は言語の枠にとらわれないJavaVMを中心とした様々な展開が期待できるだろう。

GlassFish v3 Prelude

 5月に行われたJavaOne以来の新しいリリースとしては、まずGlassFish v3 Preludeがある。これは正式リリースではないが、v3ではモジュール化された新しいアーキテクチャを採用しており、アプリケーションサーバの新しい展開を見せてくれるものである。

 v3はOSGiベースのマイクロカーネルに必要なモジュールを追加するかたちで動作するため、不要なモジュールを導入する必要はなく、その最小サイズは100Kbyte以下と極めて軽量。これによって小さなデバイスへの組み込みも可能となる。

NetBeans 6.5

 このGlassFish v3 PreludeをバンドルしてリリースされたのがNetBeans 6.5だ。NetBeans 6.5では多言語対応に力が入れられており、PHPやRubyおよびRuby on Railsなどを用いたアプリケーション開発がサポートされた。Gosling氏によると、「今後サポートする言語はもっと増えていくだろう」とのことである。

Java SE 7

 Javaの本体であるJava SEについてはどうなっているのだろうか。Java SE 7については正式なリリース時期は決まっていないが、Gosling氏の予測では今から1年から1年半後くらいになるのではないかとのこと。Java SE 7ではモジュラリティやダイナミック言語のサポート、New I/O 2、Swingアプリケーションフレームワークなど、興味深い新機能が提供される。クロージャが本当に導入されるのかも気になるところだ。

 現行のJava SE 6はUpdate 10がリリースされている。Update 10では最低限のランタイム機能だけを持った「Java Kernel」が導入された。これは初回インストール時の負担を軽減するためのもので、その他のランタイム機能は必要に応じて随時ダウンロードされる。これと同時にブラウザプラグインも新しくなり、アプレットがネイティブのランタイムで動作するように変更されている。このことはJavaFXのデプロイメントとも大きく関わっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化