編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

グーグル、外部からも「Google Chrome」向けコードの提供を承認

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-12-16 07:46

 筆者は、Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」が、本当にオープンソースのプロジェクトであると感じている。

 これまでのところ、Chromeの大半が、Google社内のプログラマーによって記述されてきたのだが、パブリックリリースの直後に、Googleは外部からもパッチを受け入れるようになった。そしていまや、外部プログラマーは公式の内部関係者になれるのだ。

 Googleは、初めてGoogle外部のプログラマーに対して、Chromeのプロジェクトにコードを追加する、「コミット」と呼ばれるプロセスの特権を付与するに至った。その初の新しいコミッターとは、ワルシャワ大学情報工学部に通うPawe Hajdan Jr.氏である。同氏は、ほとんど毎日のように、Chrome向けにオリジナルのパッチを提供してきたと、Google社内のプログラマーのEvan Martin氏は、米国時間12月12日に公式ブログに記している

 Martin氏は「自由な時間を用いて、Hajdan氏が、Windows以外のプラットフォームでもChromeを稼動させるべく、数々のハイクオリティなコードを記述することに取り組んできた」と語る。

 Googleが示したガイドラインによれば、Chromeのコミッターと認められるのは、簡単なことではない。

 「この特権が付与されることには、いくらかの責任も伴うことになる。コミッターは、Chromiumプロジェクトを心から愛しており、このプロジェクトが目指す目標に達するのを助けたいと、真に願っている人である。コミッターとは、単にSVN(Chromeのソースコードが置かれているレポジトリ)に変更を加えられる人といった意味合いだけでなく、開発チームと協力して、最も知識が豊富な人々にコードをチェックしてもらい、ハイクオリティなコードを提供しつつ、修正に関する手順に沿って物事も進められる能力を実証した人物のことである」と、ガイドラインには記されている。

 より具体的に述べるならば、コミッターのステータスを獲得しようと考えている人は、「10~20の重要なパッチを提供して、少なくとも3人のチェックをパスしなければならない」という。このプロセスを経た後、その人はコミッターとして公認されるのである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]