編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップル、「PowerVR」コアのImaginationへ出資--iPhoneのグラフィックス機能強化

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-12-19 06:33

 Appleは、英チップメーカーのImagination Technologiesの株式を、少額ながら取得して、将来の「iPhone」および「iPod touch」のグラフィックス機能を強化していく方向性を打ち出した。

 Imaginationは現地時間12月18日、Appleが同社株式の3.6%を取得し、320万ポンド(約500万ドル)という、Appleにとってはわずかの金額ではあるものの、出資を受けることになったことを正式に発表した。Imaginationは、さまざまなアプリケーション向けのチップコアを設計しており、その中でも特に顕著なのは、携帯電話のグラフィックス向け「PowerVR」コアである。

 AppleInsiderは、これまでもAppleが、PowerVRの技術に興味を示してきたとの情報をキャッチしており、今回の出資は、AppleがImaginationに関心を抱いていることを示唆するものとなっているという。2008年に入って、Imaginationは、ある「国際的なエレクトロニックシステム企業」が、PowerVRのグラフィックスコア使用のライセンスを取得したと明らかにしており、18日に出したプレスリリースでは、Appleもライセンシーであると公表している。

 PowerVRコアは、以前のP.A. Semiの開発チームが、将来のiPhone向けに開発を進めているとされる、ARMベースのプロセッサコア設計と共存することになりそうだ。さらに、Imaginationは、iPhoneが現在採用しているプロセッサメーカーのサムスン電子とも、製造ライセンス契約を結んでおり、これは、おそらくAppleが、P.A. Semiによる開発が完了した後も、引き続きサムスン電子を製造パートナーとしていく意向であることを示すものとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]