オラクル、9-11月期決算を発表--6%の売上高増も純利益は微減

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-12-19 12:29

 Oracleは米国時間12月18日、2009会計年度第2四半期(2008年9-11月期)の決算を発表した。ソフトウェア販売や保守サポートの売上高が増加し、総売上高は前年同期から6%増加した。

 同四半期の純利益は前年度期比1%減の12億9600万ドル(1株当たり25セント)。特別科目を除いた非GAAPベースの純利益は、17億4600万ドル(1株当たり34セント)で、9月時点の同社の予測(1株当たり35〜36セント)を下回った。

 Oracleは当初、同四半期における新規ソフトウェアの売上高について2〜12%増と予測しており、結果的に8%増の45億ドルだった。

 景気低迷にもかかわらず売上高が伸びたソフトウェア以外分野としては、保守サポートが挙げられる。同期の保守サポートの売上高は、前年同期比14%増の28億5600万ドルだった。

 一方、投資家らがOracleの今後の成長を予測する手段として常に注目する傾向がある新規ソフトウェアライセンスの売上高は、前年同期比3%減の16億2600万ドルだった。また各種サービスの売上高も振るわず、同2%減の11億3100万ドルとなった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]