編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「Exchange ActiveSync」のIPライセンスプログラムを拡大

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一

2008-12-19 14:50

 Microsoftは米国時間12月18日、「Exchange ActiveSync」のIPライセンスプログラムを拡大すると発表し、同社の「Exchange Server」やExchange ActiveSync対応の携帯電話とリンクする試作アプリケーションの開発を後押しするために技術ドキュメントを公開した。

 Exchange ActiveSyncでは、携帯電話が無線で電子メールのプッシュを受け取ったり、カレンダー、連絡先、タスクを同期したりできるようにするものだ。また、企業が無線デバイスを管理し、セキュリティポリシーを策定できるようにするという狙いもある。

 Microsoftは、プロトコルを「Microsoft Developer Network(MSDN)」に公開し、ライセンスプログラムを拡大することで、ActiveSyncアプリケーションを商品化したいという企業に必要な、手続きとライセンス条件の明確化を目指している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]