11月の検索シェア:伸び悩むマイクロソフト

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-12-24 06:22

 ComScoreは米国時間12月19日、11月の検索クエリシェアの数字を公表した。これはLive Searchにとって朗報ではなかった。

 ComScoreのデータは米国市場に関するものである。11月に実施された123億件のコア検索のうち、Googleのサイトが63.5%のシェア(10月から0.4%上昇)を有していた。Yahooのサイトは20.4%を占めていた。Microsoftのサイトは8.3%であった。YahooとMicrosoftは両社とも11月にシェアを失っている。ComScoreによると、Yahooは0.1パーセント、Microsoftは0.2%のシェアを失ったという。

 実施されたクエリ件数については、検索エンジンベンダーのトップ3全社とも、2008年10月から減少をみせた。(ComScoreはこの原因を11月は10月より日数が少ないからだとしている。)Googleサイトは78億件のコア検索を処理した。Yahooサイトは25億件、そしてMicrosoftサイトは約10億件を処理した。ここではMicrosoftの件数は前月比で6%減少している。(比較のためにGoogleは2%、Yahooは3%の減少をみせた。)

 この10%というシェアを突破することが、Microsoftにとってはますます手ごわい壁となってきているようだ…。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]