編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

PS3 Linuxお試しインストールガイド2008--今年はUbuntuも入れてみた! - (page 7)

高橋美津

2008-12-28 03:23

Ubuntu 8.10

 近年特に人気の高まっている「Ubuntu」もPS3にインストールできる。2008年10月末にリリースされた「Ubuntu 8.10」には、サーバ版とデスクトップ版の双方についてPS3用のROMイメージが用意されており、インストールもYDLに匹敵する簡単さだ。

 まずは、下準備をしよう。「1.PS3(ゲームOS)の状態をバックアップしておく」「2.PS3 HDDのフォーマット」については、前項のYDL 6.1と同様の作業を行う。

3.Ubuntu 8.10インストールDVDの作成

 次に、Ubuntu 8.10のインストールDVDを作成する。

 PCなどでUbuntu.comのCDイメージサイト(http://cdimage.ubuntu.com/ports/releases/8.10/release/)から、ISOイメージを入手しよう。

 上記のサイトにアクセスすると、「Server Install CD」と「Alternate install CD」と書かれている部分がある。今回はデスクトップとしての使い方を想定しているので、「Alternate install CD」の下にある「PlayStation 3 alternate install CD」のリンクをクリックする。すると、isoファイルのダウンロードが開始される。

 今回は、ここでダウンロードできる「ubuntu-8.10-alternate-powerpc+ps3.iso」を使う。ダウンロードが完了したら、DVDライティングソフトを利用して、ISOイメージをDVDに書き込む。これが「インストールディスク」になる。

4.ブートローダのインストール

 上記の手順で作成したUbuntu 8.10のPS3向けインストールディスクには、YDL同様にブートローダが含まれている。そのため、YDLと同様の手順でインストールが可能だ。YDLの項を参照して作業を行ってほしい。

5.Ubuntu 8.10のインストール

 ブートローダのインストール後、優先起動システムを「他のシステム」にして、インストールディスクを挿入したまま再起動する。「kboot:」のプロンプトが表示されたら、「Enter」キーを押すと、Ubuntuのインストーラが起動する。

07 この画面で最下段に「kboot:」が表示されたら「Enter」キーを押してインストール開始。

 さて、Ubuntuのインストールもウィザード方式なので、基本的には標準で推奨されている項目を選択しながら「<はい>」を選んでいけば、問題なく完了までこぎ着けられる。

 ただ何点か注意すべき部分があるので説明しておこう。

 インストールはハードディスクの初期設定から、言語選択、キーボード判別、パーティショニングの設定、ネットワークの設定……といった流れで進む。言語選択は「Japanese - 日本語」で問題ない。

08 Ubuntu 8.10のインストーラ。言語選択では「Japanese - 日本語」を選択。

 次に「You can try to have your keyboard layout detected by ……」という形で「Detect keyboard layout? (キーボードレイアウトを判別するか?)」と聞かれる。

09 「キーボードレイアウトを判別するか?」と聞かれる。「いいえ」と答えて直接指定したほうが早そう。

 これは、画面で指示されるキーを順に押していくことによって、ユーザーが使っているキーボードを特定するもののようなのだが、残念ながら私の環境ではソニー製の純正PS2キーボード(日本語109)が英語の標準キーボードと判別されてしまった。もしかすると、あまり精度は高くないのかもしれない。英語の質問を読みながらキーを探し出すのも面倒なので、ここは「<いいえ>」と答えて、「Origin of the keyboard:」で「Japan」を、次の「keyboard layout:」で、自分が使っているキーボードのタイプ(よく分からなければ「Japan」)を直接選んでしまったほうが早そうだ。

10 「Origin of the keyboard:」では「Japan」を選択。
11 「Keyboard layout:」では、自分が使っているキーボードに合うものを選ぼう。よく分からなければ、ひとまず「Japan」でOK。

 それ以外の項目に関しては、特にこだわりがなければ「<はい>」を選択するか、単にEnterを押しながら設定を進めていこう。

12 「ディスクのパーティショニング」の設定画面。とりあえず、一番上の「ガイド - ディスク全体を使う」でOK。
14 パーティション設定の確認画面。「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選んで次へ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]