編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RIM、BlackBerry向けの暫定セキュリティパッチをリリース

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-14 16:42

 Research In Motion(RIM)は米国時間1月12日、BlackBerryソフトウェア内の複数の重大なセキュリティ脆弱性に対処する暫定パッチをリリースした。

 これらの脆弱性は、「BlackBerry Enterprise Server 4.1 Service Pack 3」から「BlackBerry Enterprise Server 4.1 Service Pack 6」までの4つのサービスパックに影響する。また、RIMのセキュリティアドバイザリによると、「BlackBerry Professional Software 4.1 Service Pack 4」にも影響があるという。

 RIMは顧客企業に対し、BlackBerry Enterprise Server向け暫定パッチとBlackBerry Professional Software向け暫定パッチをインストールするよう要請している。

 またRIMは、BlackBerryユーザーに対し、「信頼できるソース」から送られたPDF添付ファイル以外は開かないよう助言している。同社はセキュリティアドバイザリの中で次のように述べている。

 「BlackBerry Attachment Service」のPDFディスティラーの一部のリリース版に複数のセキュリティ脆弱性が存在する。悪意ある攻撃者は、これらの脆弱性を利用し、特別に作成したPDFファイルを含む電子メールメッセージを送信する可能性がある。これらのファイルを閲覧するためにBlackBerryスマートフォン上でファイルを開くと、メモリが破損したり、BlackBerry Attachment Serviceをホストするコンピュータ上で任意のコードが実行される恐れもある。

 米国次期大統領のBarack Obama氏は、ホワイトハウスにいる間も自分のBlackBerryを所持したいと考えているが、BlackBerryのこのような脆弱性がObama氏の気持ちに影響することはほとんどないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]