編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、「Windows Azure」向けツールをアップデート

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-15 10:37

 Microsoftは米国時間1月14日、クラウドベースOS「Windows Azure」向け開発者キットのアップデートをリリースしたと発表した。

 アップデート版のツールでは、Visual Studioとの親和性向上のほか、バグや速度性能などが改善されているという。

 Microsoftは2008年10月のProfessional Developers Conference(PDC)でAzureを発表し、そのツールの最初のコミュニティーテクノロジプレビュー(CTP)版を提供した。

 同社は声明で、「Microsoftは、開発者からのフィードバックを基にしてWindows Azure SDKのアップデートをリリースし続けていく」と述べた。

 サーバー&ツールビジネス部門担当プレジデントであるBob Muglia氏は12月のインタビューで、開発者はすでにAzureの大部分を確認できるようになっているが、一部サービスの作成には2009年に着手すると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]