編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Google Apps Premier Edition」に新機能--エンドユーザーのパスワード強度が確認可能に

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-16 11:31

 Googleは米国時間1月15日、「Google Apps Premier Edition」の管理者たちに新しい権限を付与し、「Gmail」「Google Docs」などのホステッドアプリケーションへアクセスする際にエンドユーザーが使用するパスワードをコントロールできるようにした。

 Google Appsの管理者は、パスワード文字数の下限を設定でき、各ユーザーのパスワードの強度を時間の経過とともに観察できる。パスワードが破られやすくなってきたら、ユーザーに変更を促すことも可能だ。パスワードのベースに使われている単語や名称がより一般化し、ディクショナリ攻撃の危険性にさらされやすくなると、その強度は低下する。

 Google Appsのセキュリティ担当ディレクターEran Feigenbaum氏は、エンドユーザーのセキュリティ上の選択に対し「顧客からより高い可視性が求められており、(新機能は)要望の寄せられていた機能であった」と述べた。

 エンドユーザーに提供されるエクスペリエンスそのものは変わらない。主に企業や教育機関などで構成されるPremier Editionのユーザーは、Google Appsの一般ユーザーと同様、パスワードを作成した際にその強度を視覚的なツールで確認できる。

 詳細はGoogle Enterprise Blogに記載されている。また、Googleが提供するパスワードに対するアドバイスはこちらを参照されたい。

 専門家は、より長くて、一般的な言葉とはかけ離れた文字列を使用しており、大文字や特殊文字をふんだんに活用したパスワードほど、安全性が高いと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]