編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ノートン360 バージョン3.0 日本語版」、パブリックベータ版が公開

吉澤亨史

2009-01-20 19:58

 シマンテックは1月19日、オールインワン型のセキュリティスイート「ノートン360 バージョン3.0 日本語版」のパブリックベータ版を無償公開した。ユーザーからのフィードバックを収集するのが目的だ。

 パブリックベータ版はインストールが約1分で完了するほか、PCチューンナップやバックアップなどの機能が強化されている。また、新たにサイト評価サービス「Norton Safe Web」を搭載した。

 最新の製品版には、スキャン時間を短縮する「ノートン・インサイト」、継続的な保護と新たな脅威に対するノンストップの防御を提供する「ノートン・パルスアップデート」、ユーザーの個人情報をオンラインで管理する「ノートン ID セーフ」、ノートンのセキュリティ状態を簡単に確認、管理できる「ネットワーク監視」なども含まれる。また「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」に搭載されているセキュリティ機能およびパフォーマンスの改善点も盛り込まれる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]