米ヤフーの「Zimbra」、有料メールボックス数が2000万件に到達

文:Matt Asay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月20日 17時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooが提供するオープンソースのメールおよびカレンダーソフトウェア「Zimbra」の有料メールボックス数は、2008年6月の時点では1100万件だった。これは、2007年5月時点で800万件TechCrunch 2006年10月に報じた時点では400万件だったことを考えると、大幅な増加である。

 そして、The VAR Guyは米国時間1月19日、Zimbraの有料メールボックス数が2000万件に達したことを報じた。およそ7カ月間で大幅に増加したことになる。その増加分の大半はZimbraとComcastとの提携によるものと見られるが、それにしても驚異的な勢いである。

 筆者は先日、Zimbraの大幅な顧客増が、IBM、Microsoft間の顧客の奪い合いよりもはるかに重要であると述べた。3万の顧客に2000万件の有料メールボックスを普及させたZimbraの実績は、IBMがMicrosoftから500万件のメールボックスを奪い取ったとして勝ち誇っていることよりもはるかに重要な意義を持つ。

 Zimbraは、Yahooの大企業向け市場への挑戦の基盤となりうるだろうか。その可能性は否定できない。

 しかし、これを実現するには、ZimbraおよびYahooは大きな難題を抱えている。Zimbraの顧客の大半は、教育関連や中小企業である。企業に現在使用中の電子メールシステムを他のシステムに変更させるのは容易ではない。また、標準的なオープンソースのエントリーポイント(つまり部門レベルでの展開)は電子メールに都合がよくない(もちろん、顧客が「Microsoft Exchange」の代替としてCisco SystemsのLinuxベースの「PostPath」でスケールアウトしたいのでなければ)。

 おそらく、ZimbraおよびYahooはPostPathのようなExchange代替インテグレーションの開発に注力すべきかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化