「Red Hat Enterprise Linux 5.3」がリリース--「Core i7」対応、仮想化機能も強化

文:Alex Serpo(ZDNet Australia) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦 2009年01月22日 10時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatは米国時間1月20日、エンタープライズ向けOSの新バージョン「Red Hat Enterprise Linux 5.3」(RHEL 5.3)を世界各国でリリースした。新版では仮想化機能が強化されたほか、Intelの新プロセッサ「Core i7」に新たに対応し、Sun Microsystemsの「Open Java Development Kit」(OpenJDK)も搭載している。

 Red Hatで最高経営責任者(CEO)を務めるJim Whitehurst氏は、2008年10月のインタビューで、「仮想化機能は、独立したレイヤではなく、OSの一部となるだろう」と述べ、仮想化は同社の主要な優先事項の1つだと語っていた。

 RHEL 5.3では仮想化機能が強化され、x86-64環境でより大規模な仮想マシン(最大32基の仮想CPUと80GバイトのRAM)の作成が可能になった。RHELは現在、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)など、数多くの大規模な仮想インスタンスを実行するのに利用されている。

 RHEL 5.3はまた、Intelの最新アーキテクチャ「Nehalem」(開発コード名)を採用した最初のプロセッサであるCore i7にも対応している。2008年8月に発表されたCore i7は、Intelにとって「Core 2 Duo」の後継となる製品だ。

 さらにRHEL 5.3では、Sunがサポートする「Java SE 6」オープンソース実装であるOpenJDKが搭載されている。これは、Red HatのJavaアプリケーションサーバ「JBoss」への対応を意図したものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算