編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

日本HP、小規模オフィス向けディスクバックアップ製品発表

仲田玲子

2009-01-23 18:22

 日本ヒューレット・パッカードは1月23日、専用のディスクカートリッジを利用した、小規模オフィス向けのバックアップ製品「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」を発表した。同日より直販サイト「HP Directplus」で販売を開始する。

 価格は、160Gバイトドライブモデルの「HP StorageWorks RDX160 リムーバブルディスクバックアップ」(カートリッジ1巻付)が5万2500円、500Gバイトドライブモデルの「HP StorageWorks RDX500 リムーバブルディスクバックアップ」(カートリッジ1巻付)が10万5000円。カートリッジは、160Gバイトが2万9400円、500Gバイトは8万1900円となる。

 HP RDXは、USBインタフェースで簡単に接続でき、バックアップ初心者でも簡単に設定できるように設計されたディスクバックアップ製品だ。製品に付属している専用バックアップソフト「HP RDX Continuous Data Protection Software(HP CDP)」を使用し、初期設定および運用が可能。連続的自動バックアップや、ドラッグ&ドロップによるファイルのバックアップとリストア、増分バックアップによるディスク容量の効率的利用などを、ユーザーの手間をかけず実行できるという。また、市販のバックアップソフトウェアを使用することによって、スケジュールを設定してのバックアップも可能となる。

 専用のカートリッジ方式を採用しているため、ディスクメディアを安全に外部に保管ができ、災害対策用のバックアップとしても利用できるという。また、通常のディスクと違い、HP RDXメディアカートリッジを入れ替えるだけで簡単にバックアップ容量を拡張できるのも特徴の1つだ。

 日本HPでは、エントリークラスのバックアップ製品のラインアップを拡充することで、これまで予算にも限りがあることなどからバックアップを取ることが難しかった小規模オフィスや、今までバックアップを取ることを検討していなかったユーザーに、新たな選択肢を提供するとしている。

「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」 「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]