編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

iPhone Software 2.2.1 Update内に次期「iPhone」を示唆するコード--米報道

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-30 11:57

 当たり前かもしれないが、Appleには「iPhone 3G」を最後のiPhoneにするつもりはないようだ。

 MacRumorsは、Appleが今週リリースしたiPhone Software 2.2.1 Updateのコードの中に「IPhone 2,1」という表現を見つけた。過去に発見された同様の事例から、AppleがiPhoneとiPod touchでこのような命名ルールを用いていることが示されている。

 最初のiPhoneは「1,1」、iPhone 3Gは「1,2」と呼ばれていた。2008年9月のイベントで第2世代に入ったiPod touchは、Appleのファームウェアの中で「2,1」とされていた。

 iPhoneの「2,1」について分かっている情報はほかにない。iPod touchは新しいプロセッサの追加によって、番号が2に繰り上がった。このことから、iPhoneでも次に大きな変更がなされるとも予想できる。iPhoneのチップは2008年春からP.A. Semiが担当しているが、iPhoneのグラフィクスが近い将来アップグレードされる可能性を示す証拠も浮上している。

 Appleのマーケティングを統轄するPhil Schiller氏は2009年に入ってから、Macworldが行われた1月だと他の製品サイクルとぶつかるため、iPhoneは6月や7月のアップデートサイクルに組み込まれたことを示唆した。そのため、夏に向けて再び新型iPhoneが準備されていると考えるのは自然である。

 それでも筆者は、2008年2月の発表と同じように、AppleがiPhoneとiPhone touchの容量を倍にするほか何もアップデートしない可能性もあると踏んでいる。

 編集部注:本記事の公開当初、タイトルと異なる本文を掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]