Windows 7のStarter Edition、ネットブックにも搭載可能に

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月04日 12時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは長年にわたり、新興市場で初めてPCを購入する人々向けにWindowsの「Starter Edition」を提供してきた。このStarter Editionは低価格だが、いくつか制限が設けられている。例えば、ローエンドプロセッサ上でしか機能しない、ディスプレイの解像度が低い、同時に実行可能なプログラムの数に上限がある、などが該当する。

 同様の制限がWindows 7のStarter Editionにも加えられる予定だ。しかし、Microsoftは、同OSについて、先進国においては低価格コンピュータ、特にネットブックへの搭載、という新たな活用方法を可能にする予定だ。

 Microsoftは米国時間2月3日、Windows 7に6つのバージョンを用意すると発表した。そして、その中の1つとして、Windows 7のStarter Editionを発売する計画も正式に発表した。Windows Starterはネットブック向けの選択肢の1つとなる。ただし、同OSには制限が設けられていることから、恐らくコンピュータメーカーはHome Premiumを搭載したモデルも発売すると見られる。

 Microsoftのバイスプレジデント、Brad Brooks氏は同社ウェブサイト上で、「先進国では、低価格の小型ノートPCを製造しているコンピュータメーカー向けにWindows 7 Starterを発売する」と述べた上で、「しかし、小型ノートPC上で最も高度で、完全に機能するWindowsエクスペリエンスを実現させたい場合には、Windows 7 Home Premiumが向いている。Home Premiumでは、デジタルメディアを最大限に活用でき、他のPCとも容易に接続可能だ」

 シニアバイスプレジデントのBill Veghte氏は今週行われたインタビューの中で、MicrosoftはWindows 7のStarter Editionがサポートするプロセッサの種類やディスプレイの解像度に制限を設けるとしながらも、その制限の詳細は明らかにしなかった。Windows 7のStarter Editionは、マルチタッチやMedia Centerなどの機能もサポートしない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算