“統合/分散”から“仮想化”へと拡大するストレージネットワーク(前編)

辻 哲也(ブロケード コミュニケーションズ システムズ) 2009年02月10日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載では、SAN(Storage Area Network)やNAS(Network Attached Storage)などのいわゆる「ストレージネットワーク」を中心に、データセンターを構成するサーバやストレージ、さらにはネットワークの最新の市場動向や関連技術を5回にわたって解説する。第2回となる今回は「ストレージネットワークの用途」をテーマに、ストレージネットワークが「現在どのように使われているのか」、「今後どのように使われていくのか」について解説する。

“統合”と“分散”のためのインフラ

 前回はストレージネットワークの誕生について紹介したが、そこでサーバとストレージの関係性の変化を解説した。前回も触れたように、サーバとストレージに間に“ネットワーク”が存在することによって、サーバとストレージの関係は「1:1」もしくは「1:n」から「m:n」になる。このことはストレージネットワークがITシステム、特にサーバやストレージを“統合”あるいは“分散”する際のインフラとしての役割を担うことができる、ということを意味している。

 まず“統合”からみていこう。“統合”ではストレージネットワークを用いることで、(1)サーバ統合(2)ストレージ統合(3)バックアップ統合――の3つを実現することができる。

サーバ統合(図1)

 ストレージネットワークによって、1つのサーバは単一もしくは複数のストレージに自由にアクセスできるようになる。たとえばクラスタリングシステムにおいて、これまで1つのクラスタごとにストレージを構成していたものを、複数クラスタをSAN経由の共有ストレージにアクセスさせることで、「1:1」から「m:n」クラスタに移行することができる。このことにより、待機サーバ(つまり稼動していないサーバ)の台数を減少することができ、これまで待機サーバにも支払っていた運用保守コストを削減することができる。

 市場の方向性としては、(後編で説明する)仮想化技術の進展もあってサーバ台数の削減、つまりサーバ統合が進んでいくと思われる。しかし、用途によっては「統合できない」サーバも引き続き存在するだろう。統合するかしないかはシステム管理者の判断に委ねられることになるが、ここで強調しておきたいのは、ストレージネットワークによって、サーバ統合における選択肢が提供されるということである。

図1 図1:サーバ統合
※画像をクリックすると拡大して表示されます

ストレージ統合(図2)

 ストレージネットワークによって、1つのストレージに複数のサーバからアクセスできるようになる。ストレージネットワークが登場する以前はシステムごと、場合によってはサーバ単位にストレージが必要だったため、それぞれのストレージ使用率は非常に低いものであった。ストレージネットワークを介してストレージ共有が実現されることで、ストレージ“インフラ全体としての利用率”を大きく向上することができる。この場合、必ずしもシステムやサーバごとにストレージを用意する必要はないため、ストレージを統合することが可能となる。

 サーバ統合と同様ストレージについても、NASもしくはファイバチャネル(Fibre Channel:FC)インターフェースを持った「ネットワークストレージ」が普及し、市場全体としてはストレージ統合が加速していると考えられる。ただ近年は「用途に応じてストレージを使いわける」という「ティアード(階層型)ストレージ」といった概念でストレージを効率的に利用するユーザー企業も増えてきており、ストレージ統合の形態にも変化がみてとれる。

図2 図2:ストレージ統合
※画像をクリックすると拡大して表示されます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化