マイクロソフトが2月の月例パッチを公表 -- IEに深刻度が緊急の脆弱性

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年02月11日 20時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月10日、4件のセキュリティ情報と、少なくとも8件のWindowsユーザーに影響のある明文化された脆弱性を修正するパッチを公開した。また、同社はInternet Explorerを通じて攻撃を行う「安定した悪用コードを容易に作成できる」可能性があると警告している。

 今回の月例パッチで修正された脆弱性には、2件のIEに存在するコードを実行される可能性のあるセキュリティホール、Microsoft Exchange Serverの2件のバグ、Microsoft SQL Serverに存在する1件のリモートからコードを実行される可能性のあるセキュリティホール、Microsoft Office Visioのユーザーに影響のある3件の個別の欠陥がある。

 Internet Explorerに関するセキュリティ情報(MS09-002)は緊急に処理されるべきものだ。これらのセキュリティホールを悪用することによって、自動ダウンロード攻撃を行うことが可能となる。

 このセキュリティ更新プログラムは、サポートされているエディションの Windows XP および Windows Vista について深刻度は「緊急」です。サポートされているエディションの Windows Server 2003 および Windows Server 2008 で実行されている Internet Explorer 7 については、深刻度は「警告」です。

 Microsoftは安定した悪用コードの可能性があると警告しているが、これは攻撃者が特別に作成したウェブサイトを作成することで、容易にパッチを適用していないユーザーを攻撃することができるということを意味している。

 また、攻撃者は侵害された Web サイトおよびユーザーが提供したコンテンツや広告を受け入れるまたはホストする Web サイトを利用する可能性があります。これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれている場合があります。

 企業の管理者は、Microsoft Exchangeに関するアップデート(MS09-003)にも特別な注意を払った方がよいだろう。このアップデートは、ユーザーをコード実行攻撃あるいはサービス妨害攻撃にさらす可能性のある、異なる2つの脆弱性をカバーしている。

 Microsoftは次のように説明している。

 第 1 番目の脆弱性では、特別な細工がされた TNEF のメッセージが Microsoft Exchange Server に送信された場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Exchange Server サービスアカウント特権を使用し、影響を受けるコンピューターを完全に制御する可能性があります。第 2 番目の脆弱性では、特別な細工がされた MAPI コマンドが Microsoft Exchange Server に送信された場合に、サービス拒否が起こる可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Microsoft Exchange System Attendant サービスおよび EMSMDB32 プロバイダーを使用している別のサービスが応答を停止します。

 Microsoftはこの脆弱性について、「不安定な悪用コード」が公開される可能性があると述べるに止まっている。しかし、nCircleのセキュリティ運用担当ディレクターAndrew Storms氏は、これは非常に深刻な問題だと述べている。

 「この脆弱性を悪用すれば、サイバー犯罪者は特別に作成した添付ファイル付きの電子メールを企業に送ることによって、サーバーを完全に制御下に置き、その企業の重要な一角を手中に収めることができる」(Storms氏)

 「Exchangeサーバには、日々あらゆる種類の極秘情報が流れている。このサーバとそこに納められているコンテンツを制御下に置くことは、サイバー犯罪者にとって宝の山となるだろう」と同氏は付け加えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化