編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Windowsの脆弱性「MS08-067」を狙うワームが急増、亜種も多様化

吉澤亨史

2009-02-13 10:34

 マカフィーは2月10日、2009年1月のネットワーク脅威の状況を発表した。ワームである「W32/Conficker.worm」の検知数急増が特徴的であった。2008年11月の発見以来、多くの亜種が発見されているこのワームは、マイクロソフトWindowsの脆弱性「MS08-067」を悪用するため、パッチを適用していない場合は早急に対応する必要がある。

 W32/Conficker.wormは、2009年に入ってから悪質なソーシャルエンジニアリング手法を併用した外部メディアによる感染機能も確認されている。またアンチウイルスベンダーによる駆除を困難にするロジックを取り入れたさまざまな亜種が発見されているため、引き続き警戒が必要としている。

 このほか、Internet Explorerの脆弱性を狙ってマルウェアをインストールしようとするスクリプトも複数ランクインしている。これらはSQLインジェクションなどの手法によって攻撃されたウェブサイトにユーザーがアクセスすると感染する可能性がある。Internet Explorerをはじめとして、古い脆弱点も修正されているかを再確認する必要があるとしている。

 1月にマカフィーにより検知されたウイルスの数をみると、企業数で多い順では、1位が「Generic!atr」(1575件)、2位が「Generic.dx」(1159件)、3位が「Phish-FraudPay.eml」(882件)となっている。マシン数では、1位が「Generic!atr」(5919台)、2位が「Generic.dx」(3184台)、3位が「Generic PWS.ak」(1990台)、ファイル数では、1位が「JS/Redirector」(4万4964件)、2位が「W32/Conficker.worm」(3万4505件)、3位が「Generic!atr」(2万3666件)であった。

 不審なプログラム(PUP)では、企業数での1位が「Generic PUP.x」(2557件)、2位が「Adware-OptServe」(1300件)、3位が「Generic PUP.d」(1110件)となっている。マシン数では、1位が「Generic PUP.x」(5957台)、2位が「RemAdm-VNCView」(2847台)、3位が「Adware-OptServe」(2300台)、ファイル数では、1位が「Generic PUP.x」(93063件)、2位が「RemAdm-VNCView」(74475件)、3位が「Adware-OptServe」(62461件)であった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]