編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップル、Mac OS X向けに「Security Update 2009-001」をリリース

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-02-13 10:41

 Appleは米国時間2月12日、「Mac OS X」のセキュリティアップデートをリリースした。任意のコード実行を誘発する可能性のある「Safari RSS」の脆弱性や機密情報が漏えいする恐れのある「Remote Apple Events」の脆弱性など24件以上の脆弱性を修正する。

 また、サービス拒否(DoS)を引き起こす恐れのある「AFP Server」の脆弱性や、任意のコード実行を誘発する可能性のある「Apple Pixlet Video」「ClamAV」「CoreText」「Python」「SMB」「X11」の脆弱性も修正される。ローカルユーザーにシステム特権を与えることを可能にする「Printing」のセキュリティホールと、他のローカルユーザーにパスワードが漏えいする恐れのある「DS Tools」のセキュリティホールの修正も含まれている。

 「Security Update 2009-001」は、System PreferencesのSoftware Update、または、Appleのウェブサイトから入手できる。

 また、Appleは同日、「Safari 3.2.2 for Windows」をリリースした。これは、ローカルセキュリティゾーンにおいて任意のJavaScriptの実行を可能にする脆弱性が修正されている。Appleのダウンロードページから手に入れることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]