編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

晩飯づくりをプロセスしてみよう!--プロセス志向のキホンのキ - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-02-13 22:14

調理の流れを「図」にしてみよう

 さて、経験から分かっているのは、ごはんは火にかけてから出来上がるまでに約60分かかるということだ。同様に、煮物は約25分、味噌汁には約15分かかる。そこで私は、一番時間がかかりそうな米を炊くことから始め、次に煮物を作り、最後に味噌汁を作ることにした。

 ここでは調理の手順と、工程の図を書いて、考えていくことにしよう。

 まずは「ごはん」。ごはんを炊く手順は次のようになる。

  1. 米を水で洗米する
  2. 米1カップに対して水1.2カップを入れ、そのまま30分ほど漬け置く
  3. 強火で炊き始めて沸騰したら、弱火で10分ほど炊く
  4. 再び強火で1分ほど炊き上げ、10分程度蒸らす
ごはんを炊く工程 ごはんを炊く工程

 今度は「煮物」の番だ。煮物を作る手順はこうだ。

  1. 鍋に鶏肉を入れて手早く炒め、油が出たら肉だけを取り出す
  2. 鍋に残った油でニンジンを炒め、タマネギを加えて炒める
  3. 鶏肉を鍋に戻し、水50ccに対し、みりん5cc、醤油5ccを入れて中火で煮る
  4. 沸騰した後は、弱火にして5分ほど煮る
煮物を作る工程 煮物を作る工程

 最後に「味噌汁」だ。味噌汁の調理の手順はこうなる。

  1. 鍋にだし汁と大根を入れ、弱火で煮る
  2. 大根が煮えたら、味噌を入れる前に火を止めて休ませる
  3. 味噌を煮汁でとき、それを鍋に戻す
  4. ネギを加えて、食べる直前に温める
味噌汁を作る工程 味噌汁を作る工程

とりあえず晩飯はできたけど……

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]