編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リリース名は「Karmic Koala」--Ubuntu 9.10の一部情報が明らかに

文:Chris Duckett(ZDNet.com.au) 翻訳校正:編集部

2009-02-23 12:41

 Ubuntu Linuxディストリビューションの開発チームが2009年10月のリリースについて計画を明らかにした。頭韻を踏んで連続したアルファベットのリリース名を採用するUbuntuの習慣に従い、「Ubuntu 9.10」は「Karmic Koala」と呼ばれる。

 Karmic Koalaのサーバ版はクラウドコンピューティングを強く意識したバージョンになる。同バージョンはAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)のプログラミングインターフェースをサポートし、クラウドアプリケーションの導入を容易にしている。またEC2ライクなクラウドコンピューティングを実装するための機能として、Eucalyptusプロジェクトの成果も取り入れる。

 プロジェクトの創設者で資金も提供するMark Shuttleworth氏は開発者向けの電子メールで「この発表がオープンで漠然としていると感じたら、それはわれわれがクラウドコンピューティングのスイートスポットを捉えているということである」と述べた。

 一方のデスクトップ版では「Ubuntu Netbook Edition」での操作性が改善されたほか、Shuttleworth氏の思い入れにより、ブート時およびログイン時のエクスペリエンスが向上する。

 「第一印象はとても大切(中略)デスクトップにはその隅々まで設計者の考えが現れる。われわれはこの度、新しい外観を提供すべく力を入れ始めている」とShuttleworth氏は述べる。同氏によると、Karmic Koalaの正式な新機能は5月25日〜29日にスペインのバルセロナで開催されるUbuntu Developer Summitで明らかにされるという。

 Shuttleworth氏はまた先週末、Ubuntuの通知システムを改善するために取り組んできたNotifyOSDについても詳細を明らかにしている。同氏は、NotifyOSDと連係させるために少なくとも35のアプリケーションに変更を施す必要があり、「Pidgin」と「Evolution」を最初のターゲットにしていると述べている。

 NotifyOSDは、4月にリリース予定の「Jaunty Jackalope」にも含まれる。10月リリースのKarmic Koalaにはこれに複数のパーシステンスツールが追加される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]