編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトがExcelのゼロデイ脆弱性を認める -- 影響を受けるシステムのリストは広がる

文:Adam O'Donnell(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-02-25 09:24

 Microsoftは米国時間2月23日に報じられたExcelに存在するコード実行の脆弱性について認め、脆弱性を持つシステムのリストを広げた。

 MicrosoftはこのSymantecが発見したコード実行脆弱性は存在していると発言した。現在ではこの脆弱性に2009-0238というCVE番号が割り当てられている。同社はまた脆弱性を持つバージョンを、完全にパッチされたExcelの2000以降のバージョンすべてに拡大した。

 Microsoftはまた、パッチが提供されるまでの間、この脆弱性を突かれるのを避ける手法に関する情報を提供した。これには、悪意のある文書を無効化するためにMOICEを使用することと、Office 2003以前のExcelファイルを開かないことが含まれている。

 Macユーザーも安心はできない。Mac用のOffice 2004およびOffice 2008にも脆弱性が存在しており、MOICEはWindowsでしか提供されていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]