編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アメリカンコメディーの「No Way!」を学ぶ--エリック松永の英語道場(19)

エリック松永

2009-03-02 08:00

 What's up, man?

 前々回、政治ネタがどのようにコメディーで料理されるのか見てみましたが、今回は政治よりやわらかい分野で気軽にアメリカンコメディーを楽しんでみたいと思います。

 今回も私の大好きな「Saturday Night Live」(SNL)を題材にしましょう。SNLの中でも私のお気に入りの企画、「Wayne's World」が今回のテーマです。Wayne's Worldは、Mike Myers扮するWayneと、Dana Carvey扮するGarthの2人が、自宅の地下室でケーブルテレビ番組「Wayne's World」を放送しているという設定です。ツボが分かってくると、病みつきになること間違いなし。では、Party on!

ロックスターもお笑い番組に登場

 今回は、有名人は有名人でも政治家とはキャラクターの違うロックスターのケースを見てみましょう。キーワードは「No Way!」(まじ?ありえない!)です。意外性は昔からお笑いのネタになります。有名人の意外性を笑い飛ばす黄金のパターンは3つ。その3パターンをご紹介しましょう。

  1. 有名人に普通なら聞けないようなことを赤裸々にさらっと聞く
  2. 有名人がギャップのある発言をする
  3. 有名人が驚くほどのチョイ役で登場する

 これらのパターンが出現したら、「No Way!」と叫びながら爆笑してみましょう。最初は乗り切れなくても、次第に笑えるコツがつかめます。まずは練習から。「No Way!」、はい笑って!

大物スターにありえない質問

Aerosmith イラスト: まつなが みか

 Wayne's Worldは、アメリカの一般家庭の狭い地下室から放送されるケーブルテレビ番組という設定ですが、今回はこの手作り感満載の番組に、大物ロックバンドAerosmithがゲストとして登場した回を取り上げます。

 Aerosmithが登場することになったいきさつは、GarthのいとこであるBarryの存在です。BarryはAerosmithのローディー(舞台設定などのお世話係)。そこでGarthは、Barryに「おまえもWayne's Worldに出してやるからAerosmithを連れて来てくれ」と頼んだのでした。Wayneの自宅キッチンで、洗濯物を持ったWayneのママとAerosmithが話すシーン…… 考えただけでまさに「No Way!」ですね。

 さあ、まずは意外性を笑い飛ばす1つめのパターン、普通なら聞けないようなことを有名人にさらっと聞いてしまうシーンを紹介しましょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]