編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Operaにセキュリティパッチ:ALSR、DEPのサポートを追加

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-03-04 03:27

 Opera Softwareは同社のWebブラウザに対する優先度の高いセキュリティパッチを公開した。このパッチでは、Windowsユーザーをコード実行攻撃とクロスドメインスクリプティング攻撃にさらす、少なくとも3件の脆弱性を修正している。

 また、Opera 9.64へのアップグレードでは、DEP(Deta Execution Prevention)とASLR(Address Space Layout Randomization)を新たにサポートした。これら2つの防御メカニズムは、Windowsプラットフォーム上でマルウェアによる攻撃からのダメージを限定的なものにするのに役立つものだ。

 Operaは今回修正した3件の脆弱性のうち、1件のみについてしか詳細な情報を提供していない。その1件は、GoogleのTavis Ormandy氏が発見し、報告したものだ

  • 特別に作成されたJPEG画像ファイルによって、Operaのメモリを破壊しクラッシュさせることができる。この問題の悪用に成功した場合、任意のコードが実行される可能性がある。

 Opera Softwareは、今回のアップデートでプラグインがクロスドメインスクリプティング攻撃に利用される問題と、3つめの「影響が中程度」の問題を修正したと述べているが、これらの問題の詳細は明らかにされていない。

 同社は、「詳細については後日開示する」としている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]