編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

iPhone開発者ら、アップルとの契約が期限切れの危機に

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-03-10 12:28

 iPhone開発者らが開発ライセンスの更新に苦労していることが、複数の報道で明らかになった。

 Apple関連情報サイトAppleInsiderが先週伝えたところによると、iPhone開発者がAppleとの間で結んでいる1年契約が間もなく満期を迎えるため、開発者らは契約更新のオプションが提示されないまま、4月以降も開発を継続できるのか不安を感じ始めているという。iPhone開発者は、自ら開発したiPhoneアプリをApp Storeに掲載してもらうためのiPhone Developer Programの一環として、この契約を結ぶ必要がある。

 これまで数多くのiPhoneアプリを開発したArs TechnicaのErica Sadun氏も同様の問題を抱えている。Sadun氏は米国時間3月6日に契約を更新しようとしたが、Appleから、同社はまだ(契約更新の)プロセスを開始していないと言われてしまった。

 AppleがiPhone開発を開始してから1年が経過したが、App Storeは驚異的な成長を続けている。現在、同サイトに掲載されているアプリケーション数は2万5000本以上で、1月からおよそ1万本増加した。同社は過去1年間の同サイトの驚異的な成長への対応に苦労してきたが、通常は問題を何とか対処してきたため、iPhone開発者らも安心して開発に取り組めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]