編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、月例パッチで「Windows 7 Beta」の脆弱性も修正

文:Ina Fried、Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-03-12 11:18

 月例パッチの世界にようこそ、Windows 7。

 Microsoftは米国時間3月10日、ベータ版「Windows 7」のアップデートを公開し、緊急レベルのセキュリティホールに対処した。このセキュリティホールは、ユーザーが悪意のある画像ファイルを表示した場合、そのコンピュータがリモートから乗っ取られるというリスクを生じさせるという。

 この公開されたパッチは、Microsoftの月例パッチの一部としてリリースされたが、同パッチがWindows 7をアップデートするという事実は強調されていなかった。2009年3月のセキュリティ情報は、影響を受けるソフトウェアとしてWindows2000、XP、Vista、Server 2003、Server 2008のみを挙げており、同社が5日にリリースした事前情報には言及がなかった。

 しかし、ベータ版Windows 7、ベータ版Windows Server 2008 Service Pack 2、ベータ版Windows Vista Service Pack 2については、同アップデートに関するセキュリティ情報(MS09-006)に付随するFAQの部分で言及されている。

 Microsoftの広報担当者は、影響を受けるソフトウェアにWindows 7を入れなかったのは、ベータ版のためと語った。

 Windows 7用パッチの存在は11日に入ってArs Technicaにより報じられていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]