編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

オペラ、ウェブブラウジングを高速化する「Opera Turbo」を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-03-17 11:44

 ノルウェーのブラウザメーカーOpera Softwareが、「Opera Turbo」と呼ばれるソフトウェアのテスト版をリリースした。このソフトウェアは、圧縮技術とOpera自身のサーバを利用することにより、低速なインターネット接続でも高速なブラウジングを可能にする。

 OperaのRoberto Mateu氏が現地時間3月13日付けのOpera Turboに関するブログ投稿で述べたところによると、Opera Turboは個人のPC上で動作し、元のウェブサイトからだけではなく、Operaサーバからもデータを取得するという。Operaサーバは、そのサイトのテキストや画像をオンザフライで圧縮する。

Opera Turbo 提供:Opera

 Operaによると、このOpera Turboは過重な負荷がかかっている無線ネットワーク、低速ブロードバンド無線カード、携帯電話経由のネット接続を利用する際に便利だという。同社はユーザーに対し、データ転送速度がおよそ100Kbpsのネット接続でOpera Turboをテストするよう勧めている。

 Operaのビデオによる説明によると、Opera Turboは画像ファイルを修正するなどして、データを最高80%圧縮可能だという。

 「ウェブサイトのレイアウトやテキストは全く同じように見えるが、画像解像度は、圧縮の結果、大幅に低下するだろう」とMateu氏は投稿の中で述べている。

 高度なJavaScript技術やAdobeのFlash技術が使われている精巧なウェブサイトをOpera Turboを使って閲覧する場合は、手動の作業を要する可能性がある。「AJAXやFlashなどのダイナミックウェブ技術もサポートしているが、一部のプラグインコンテンツは、空のエレメントをクリックしないとロードされない」とMateu氏は語る。暗号化されたサイトについては、Operaサーバ経由の高速化や送信は行われない。

 Mateu氏によると、Opera TurboはOpera Labsのダウンロードサイトで入手可能だが、同ソフトはOperaの「将来のデスクトップ版」に搭載されるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]