編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBMのSun買収に感じる違和感

飯田哲夫(電通国際情報サービス)

2009-03-24 19:30

 先週、IBMがSunと買収に関する交渉を行っていることが報じられた。IT業界での大型買収はもはや珍しいことではないし、Sunの業績不振を考えれば、その規模が非常に大きいものであるとはいえ、買収提案が行われることに不思議はない。しかし、IBMがSunを買収するというストーリーは、どうもしっくり来ない。

業界構造の変化

 市場シェアの観点でこの買収でどのような影響を与えるかについては、ITProで分析が行われている。記事によると、IBMとSunの売上を合計しても、EDSを昨年買収したHPには僅差で及ばない。しかし、サーバー市場のシェアでは、IBMとSunの合計が42%となり、29.5%のHPを大きく突き放す。業界の構図を大きく塗り替えるという点において、そのインパクトは非常に大きい。

 ここ最近のIBMは、ハードやインフラから、ソフトあるいはサービスへと軸足を移しつつあった。そうした中で、PC部門をLenovoへ売却したりHDD部門を日立へ売却する一方、PWCのコンサルティング部門の他、数々のソフトウェア企業を買収してきた。そうした中で、ハードウェアが占める比率の高いSunの買収は、最近のIBMの方向性と合わないのも事実である。

 HPは、DECやCompaqの買収を通してサーバー及びその運用回り強化する一方、PCを始めとするコンシューマービジネスも堅持してきた。EDSの買収も、ソフトウェアビジネスというよりは、アウトソーシング等の運用サービスの強化と見ることができる。

 Sunに関しては、大きく方向性を変えるような買収劇はあまり見られないが、2008年のMySQL買収はSunのオープンソース志向を象徴している。他社がM&Aによりコア・ビジネスをシフトさせたり、シェアの拡大を図ってきたのに対し、Sunは核としてのSPARCとSolarisを堅持しつつ、その周辺に展開するビジネスモデルの革新を試みてきたと言える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]