アパレル業界での実証実験で見えたRFIDの実用性--効率化から戦略的なデータ活用まで - (page 2)

柴田克己(編集部) 2009年03月31日 21時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに今回の店舗実験では、バックヤードと店舗間の出入り口、レジ、陳列棚、試着室など、店舗の各所にセンサーを設置。個別の商品が店舗入荷後にどのように動くかのデータを詳細に取得することを試みている。

 住金物産、繊維カンパニーSCM・事業開発部部長の山内秀樹氏は、「バックヤードに入荷したものの、店頭に出ずに眠ってしまっている商品がすぐさま把握できるため、販売機会のロスを削減できる。また、顧客が手に取ったり、試着したりしたものの、購入に至らなかったような商品を具体的に把握することで、取得したデータを魅力的な商品企画や店舗運営に活用できるようになる」とする。

 現状の実験モデルでは、センサーの読み取り精度の問題などもあり、「実用にあたっては、さらなる改良が必要」とのことだが、従来のSKU単位での商品管理から、商品個体のシリアルベースでの管理へと移行することによって、単なる省力化や物流の効率化のみならず、経営から商品企画、販売企画など、さまざまなフェーズでの戦略的なデータ活用が可能になることが期待されている。

コスト面での壁もクリア可能な水準に

 現状、RFIDが埋め込まれた商品タグは、通常のものと比較して、1枚あたり10円から20円ほど割高になるという。電子タグの本格的な普及にあたって、タグ当たりの単価の高さは阻害要因として指摘されているが、今後、より大規模な導入が進めば、単価はさらに下がると見られている。また、RFIDの導入が極めて効果的であると認められる業種業界においては、得られる効果によって、電子タグ自体のコストは相殺可能なレベルになりつつあるという見方もある。

 同プロジェクトでは、2010年以降、さらに大規模な運用実証を行う計画だ。店舗数の増加によって、大量に生成されるデータのリアルタイム処理といったシステム上の問題などもクリアしつつ、アパレル業界全体、さらには他業界との共同運用などを目指した普及活動を引き続き行っていくとしている。

電子タグ 今回の実証実験で利用されている電子タグ。一見、従来のタグと見分けがつかないが、内部に電子タグが埋め込まれている(右上円)。現在は、会計時にレジで切り取って廃棄しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算