アパレル業界での実証実験で見えたRFIDの実用性--効率化から戦略的なデータ活用まで - (page 2)

柴田克己(編集部)

2009-03-31 21:18

 さらに今回の店舗実験では、バックヤードと店舗間の出入り口、レジ、陳列棚、試着室など、店舗の各所にセンサーを設置。個別の商品が店舗入荷後にどのように動くかのデータを詳細に取得することを試みている。

 住金物産、繊維カンパニーSCM・事業開発部部長の山内秀樹氏は、「バックヤードに入荷したものの、店頭に出ずに眠ってしまっている商品がすぐさま把握できるため、販売機会のロスを削減できる。また、顧客が手に取ったり、試着したりしたものの、購入に至らなかったような商品を具体的に把握することで、取得したデータを魅力的な商品企画や店舗運営に活用できるようになる」とする。

 現状の実験モデルでは、センサーの読み取り精度の問題などもあり、「実用にあたっては、さらなる改良が必要」とのことだが、従来のSKU単位での商品管理から、商品個体のシリアルベースでの管理へと移行することによって、単なる省力化や物流の効率化のみならず、経営から商品企画、販売企画など、さまざまなフェーズでの戦略的なデータ活用が可能になることが期待されている。

コスト面での壁もクリア可能な水準に

 現状、RFIDが埋め込まれた商品タグは、通常のものと比較して、1枚あたり10円から20円ほど割高になるという。電子タグの本格的な普及にあたって、タグ当たりの単価の高さは阻害要因として指摘されているが、今後、より大規模な導入が進めば、単価はさらに下がると見られている。また、RFIDの導入が極めて効果的であると認められる業種業界においては、得られる効果によって、電子タグ自体のコストは相殺可能なレベルになりつつあるという見方もある。

 同プロジェクトでは、2010年以降、さらに大規模な運用実証を行う計画だ。店舗数の増加によって、大量に生成されるデータのリアルタイム処理といったシステム上の問題などもクリアしつつ、アパレル業界全体、さらには他業界との共同運用などを目指した普及活動を引き続き行っていくとしている。

電子タグ 今回の実証実験で利用されている電子タグ。一見、従来のタグと見分けがつかないが、内部に電子タグが埋め込まれている(右上円)。現在は、会計時にレジで切り取って廃棄しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]