編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インターネット犯罪、2008年は苦情が33%増--米調査

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-01 18:16

 米インターネット犯罪苦情センター(Internet Crime Complaint Center:IC3)が米国時間3月30日に発表した報告書によると、インターネットが関連した犯罪に対する苦情が2008年は33%増加したという。ネット犯罪への苦情はそれまでは2年連続で減少していたが、今回再び増加に転じたことになる。

 IC3のウェブサイトへ2008年に寄せられた苦情は27万5284件。これは、2007年の20万6884件から増加している。IC3は、2008年に寄せられた苦情のうち7万2940件を連邦、あるいは州、地区の警察機関に報告した。IC3は米連邦捜査局(FBI)、米ホワイトカラー犯罪センター(National White Collar Crime Center:NW3C)、司法補助局(Bureau of Justice Assistance:BJA)が協力関係の下、運営している。

 同報告によると、警察機関に通報した苦情は、オンラインオークションでの詐欺、ID窃盗、オンラインで購入した商品が届かないことなどさまざまで、2008年に一般消費者が被った被害総額は約2億6460万ドルで、苦情1件あたりの被害額は平均931ドルという。2007年の被害総額は、2億3910万ドルだった。

米インターネット犯罪苦情 提供:Internet Crime Complaint Center
米インターネット犯罪苦情 提供:Internet Crime Complaint Center

 同報告によると、インターネット犯罪における苦情のカテゴリとしては、支払った後で商品が届かない、あるいは商品を配達したが支払いがないというものが最多だったという。すべての苦情のうち32.9%がこのカテゴリに入るという。

 インターネットオークション詐欺が2番目に多く25.5%を占め、3番目はクレジットカードやデビットカードの詐欺で、その内訳は9%と報告書には書かれている。

 商品が届かないことに関する苦情が最多を占めたが、このカテゴリは平均損失額が3000ドルといわれる小切手詐欺と比べると、被害は小規模にとどまっている。

 報告書によると、インターネット犯罪の手段として最もよく利用されているのは電子メールだという。報告された犯罪の74%で電子メールが利用され、次に多いウェブページは犯罪のほぼ29%で利用されていた。

米インターネット犯罪苦情 提供:Internet Crime Complaint Center

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]