編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アマゾン、「Hadoop」を利用した「Amazon Elastic MapReduce」のベータサービスを開始

文:Larry Dignan(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2009-04-03 11:09

 Amazonの子会社Amazon Web Services(AWS)は米国時間4月2日、オープンソースのソフトウェアフレームワーク「Hadoop」を利用して大量のデータ解析を行う、新たなクラウドコンピューティングのベータサービスを開始した。

 「Amazon Elastic MapReduce」と呼ばれるこのサービスは、集中的なデータ処理を必要とする企業、研究者、アナリストを対象に開発された(発表資料)。HadoopはYahooなどの企業も採用しているが、Clouderaなどの新興企業はHadoopを企業データセンターとして利用するためのサービスを提供している。

 Amazon Elastic MapReduceは、同社の「Elastic Compute Cloud」(EC2)および「Simple Storage Service」(S3)上でHadoopを稼働させる。顧客はAmazon Elastic MapReduceを使って、ウェブのインデックス化、データマイニング、行動ファイナンス分析、シミュレーション、バイオインフォマティクスなどの処理を行い、利用したサービスの分だけ課金される。

 声明でAmazonは次のように記している。

 Amazon Elastic MapReduceは、ウェブ規模のインフラであるAmazon EC2上のHadoopソフトウェアによって実行されるデータ処理のジョブフローを作成する。このサービスは、顧客が数と種類を指定したAmazon EC2インスタンスを自動的に開始し設定する。続いて、MapReduceプログラミングモデルを実装したHadoopが実行され、Amazon S3からユーザーの入力データを大量に読み込み、細分化したデータをAmazon EC2インスタンスを使って並列処理する。処理が完了するとデータは再び結合され、最終的な回答にまとめられて、結果はAmazon S3に再び保存される。ユーザーはウェブサービスAPIもしくは「AWS Management Console」を通じて、ジョブフローを設定、操作、監視できる。

 大まかに言えば、データマイニングをわれわれのところでやろう、ということだ。

 MapReduceは別途サービスとなり、米国での価格は以下のようになっている。

Amazon Elastic MapReduce 提供:Larry Dignan

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]