編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

グーグル、「App Engine」でのJavaサポートを発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-08 16:07

 カリフォルニア州マウンテンビュー発--Googleは米国時間4月7日、Googleのコンピュータインフラでソフトウェアを動かすクラウドサービス「Google App Engine」に、Javaサポートを追加することを発表した。

 App Engineは現在、Pythonで書かれたアプリケーションのみをサポートしている。PythonはGoogleのエンジニアの間で人気の言語だが、一般的には広く使われている言語ではない。一方、Javaは企業のサーバソフトウェアでよく利用されており、JavaサポートはApp Engineでもっとも要求されている機能だった。

 Googleの開発担当ディレクターを務めるGraham Spencer氏は、7日午後に開催されたGoogleの開発者向けイベントGoogle Campfire Oneで、「App EngineでのJavaサポートのアーリープレビューを紹介できることをうれしく思う」と述べた。App Engineはローンチから1年を迎えている。

 Googleはこれ以外にも、App Engineに新機能を追加している。App Engineの技術リーダーを務めるKevin Gibbs氏は、毎週レポートを送信するといった特定の作業をユーザーがスケジュールできる「Cron」といわれる機能、App Engineで企業のファイアウォール内に格納されている機密データを利用する「Secure Data Connector」などを紹介した。このほかの新機能として、ギガバイト級のデータをApp Engineに移すことを容易にする大規模データインポートツールも加わっている。同機能は、Googleの「Bigtable」という情報保存技術を利用したものだ。

 Javaサポートは現在テストモードとなっており、Googleはこの間、既存のJavaソフトウェア開発ツールやフレームワークとの互換性などの問題に対応するとGibbs氏は説明した。

 「われわれが現時点でローンチするJavaサポートは、まだ完全なものではないと感じている」(Gibbs氏)

 App Engineでは、「Java Virtual Machine(JVM)」のバージョン1.6の完全版が動作する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]