編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

商品よりも「プロセス」のイノベーションを起こした企業が成功する--Software AG CEO

聞き手:大野晋一、構成:柴田克己

2009-04-20 18:26

 ビジネスプロセス・マネジメント(BPM)は、ビジネスの効率を高め、競合優位性を維持するための継続的な取り組みであり、その実行にはITによる支援が不可欠だ。景気が後退期にある現在において、コストをかけてBPMに取り組むべき理由は何なのだろうか。その取り組みは、ビジネスに何らかのメリットをもたらすものなのだろうか。

 2007年に買収したEAI/BPMプラットフォーム「webMethods」を中心として、現在BPMを中心としたビジネスを展開している独Software AGのCEOであるKarl-Heinz Streibich氏と、同社日本法人の代表取締役であるColin Brookes氏に話を聞いた。(回答は、主にStreibich氏によるもの。Brookes氏による回答については、項前に名前を示している)

− Software AGが取り組んでいるBPMには、ITと直接関係しない「経営手法」としての意味と、そのプロセスをITにいかに落とし込むかの意味があると思いますが、まずは「手法」としてのBPMについて伺います。Software AGは、その言葉をどのように定義していますか。また、BPMは、企業にどういったメリットを与えると考えていますか。

 その意味での「ビジネスプロセス」とは、「ワークフロー」のことです。企業内のプロセスを自動化するために使われるのがワークフローとなります。

Software AG CEOのKarl-Heinz Streibich氏 Software AG CEOのKarl-Heinz Streibich氏。

 従来型の会社の組織というのは、完全に「部門」ごとに分かれていました。これまでは「プロセスを自動化した」といっても、ただ単に、別々の部門内での自動化が行われていただけで、業務を行う人と人とが関係するプロセスの部分は、自動化されていないという状況でした。最近になって、実は、「ビジネスプロセス」とは、人と人とのインタラクションと、部門間のプロセスの組み合わせであることが、はっきりと分かってきました。

 ひとつ例を挙げましょう。ある会社では、ある1つのビジネスプロセスの完了までに2週間かかっていました。ところが、調べてみると、この2週間のうち80%が「死んだ時間」だったことが分かりました。この「死んだ時間」は、各部門が離れて存在しているために「何も起きていない時間」として費やされていたのです。業務においては、常に部門をまたがるところで無駄な時間が発生しています。それは、セールスの承認が必要なとき、新社員のリクルート、製品の出荷、注文の処理などあらゆる側面においてです。

− その「80%の死んだ時間」を削減できるところにBPMのメリットがあるということですか。

 そうです。BPMによって、30日間かかるプロセスを3日に短縮できるということです。当社は、グローバルな会社ですが、大きなディールになってくると、承認のサインを、3、4カ国にまたがる、5つや6つの部門で行わなければならないといった状況が起こります。従来のやり方でやろうとすれば、2週間ほどもかかるプロセスです。しかし、自動化がうまくいっていれば、それは2時間で終わってしまうのです。

− そうした「プロセス改善」にITが深くかかわるべき理由は何でしょうか。

 ITがもたらすメリットは、プロセスを実装するところにあります。ビジネスプロセスにはいろんなステップがあり、それぞれのプロセスにはバックオフィスからのデータが必要になります。プロセスはビジネスによって定義され、それを実行するのがITの役割となります。

 Software AGでは、新たな取り組みとなる「ソーシャルBPM」を、10月に市場に投入します。このソーシャルBPMを使うと、FacebookのようなSNSと同様の使い勝手で、効率的にビジネスプロセスの定義が可能になります。われわれは、世界最高クラスのBPMを既に持っていますが、今後さらに、そのレベルは上がっていきます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]