Windows 7をさらに良いものにするために--チューンアップ項目10個 - (page 2)

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-04-21 08:00

#4:Aero Snapを無効化する

 Windows 7にはAero Snapという新機能がある。この機能は、アプリケーションウィンドウを画面の端に移動させると、そのウィンドウが自動的に、あらかじめ決められたサイズで特定の位置に配置されるというものだ。ウィンドウを画面の右端にドラッグすると、そのウィンドウは画面のちょうど右半分を占めるようになり、ウィンドウを画面の上端にドラッグすると、そのウィンドウは画面全体を占めるように最大化されるのだ。これは手軽な機能であるものの、ウィンドウの大きさをそのままにしておきたい場合には大きなお世話に感じられるかもしれない。幸いなことに、この機能は簡単に無効化することができる。以下がその方法だ。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択する。
  2. [コンピューターの簡単操作センター]をクリックする。
  3. [マウスを使いやすくします]をクリックする。
  4. 「ウィンドウを切り替えやすくします」セクションにある設定を変更し、Aero Snapを無効化する。

#5:コントロールパネルのアプレットを小さなアイコンにする

 Windows 7のコントロールパネルはデフォルト設定の場合、Windows Vistaのデフォルトとよく似たカテゴリビュー(図C)が表示されるようになっている。

図C 図C Windows 7のコントロールパネルは、デフォルトではカテゴリビューとなっている。

 カテゴリ一覧の下部にある、[すべてのコントロールパネル項目]をクリックすることで、馴染み深い従来の表示へと簡単に戻すことができるものの、各項目は大きなアイコンで表示されるようになる(図D)。

図D 図D [すべてのコントロールパネル項目]をクリックすると、各アプレットは大きなアイコンで表示される。

 同じスペースにより多くの項目を表示できるよう、小さなアイコンで表示できると嬉しいのではないだろうか?この場合、まずタスクバー上で[表示]メニューをクリックするという方法が最初に考えられるものの、少なくともパブリックベータ(ビルド7000)の時点ではここからアイコンのサイズを選択することができないようになっている。しかし、ちょっとしたトリックがあるのだ。ウィンドウの何もないところで右クリックすると、小さなアイコン表示を選択できるコンテキストメニューが表示される。このコマンドを使用することで、同じサイズのウィンドウでより多くの項目を表示できるようになるというわけだ(図E)。

図E 図E コントロールパネルの項目を小さなアイコンで表示することで、より多くの項目が表示できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]