編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Javaを手に入れてハードウェアプレイヤーに--オラクルによるサン買収の狙いは - (page 3)

文:Larry Dignan(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-21 16:32

Sunをより効率的に

 これまでの買収と同様、Ellison氏はターゲット事業を効率化し、利益率を上げようと考えている。Oracleはこの買収により、最初の通期会計年度に非GAAPベースで利益が少なくとも1株あたり15セント増えると期待しているという。これは年間15億ドルの非GAAPベースの利益に匹敵する。Oracleの社長Safra Catz氏は、BEA、PeopleSoft、Siebelの買収によって得た1株あたり利益の総和よりも、Sun買収で得られる1株あたり利益のほうが大きいと述べた。

 Catz氏は、Sunの現金や負債も引き受けるとして、「Sunをこれまでよりずっと高い利益幅で運営できる」と述べた。

 この発言は、Sunが赤字に陥っていたことを考えると微妙だ。

 一方のSunはOracleのおかげで、難航していたIBMとの交渉から解放される。IBMはSunに興味を抱いたが、価格で折り合いがつかなかった。そんなときにOracleが立ち上がり、Sunの望んだ9.50ドルを提示した。今日までOracleがハードウェア事業手がけてこなかったため、規制当局の承認も難なくとりつけられるだろう。

 さらにOracleは、IBMとの交渉で生じた対立からも経営者らを解放した。というのもSunの経営陣はIBMとの交渉をめぐり意見が分かれていたからだ。しかし、Oracleとの取引もまとまり、彼らの心はバラ色のようだ。Sunの会長Scott McNealy氏はOracleとSunが一緒になるのは「自然な展開」であり、「ワクワクしている」と言っている。最高経営責任者(CEO)のJonathan Schwartz氏は市場でのイノベーションを促進すると述べた。

 言うまでもなくSunの経営陣はOracleに買収されることを、満場一致で可決した。買収は2009年夏に完了の予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]