編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグルとマイクロソフト、本当の悪者はどっち?--RSA Conference 2009レポート

藤本京子(編集部)

2009-04-25 08:24

 検索エンジンで一躍有名になり、いまやテクノロジー企業として人気ナンバーワンとも言われるようになったGoogle。しかし、Googleは本当に「クール」で「カッコイイ」のだろうか。「確かにGoogleはすばらしい。私も株で大もうけさせてもらったし、感謝している。でも今一度、彼らがやっていることをよく考えてみよう」と、Internet Security Advisors Group 社長 兼 CEOのIra Winkler氏は言う。同氏は、米国で開催中のセキュリティカンファレンス「RSA Conference 2009」にて「Is Google Evil?」(Googleは悪なのか?)と題した講演を行った。

Winkler氏 Internet Security Advisors Group 社長 兼 CEOのIra Winkler氏

 Winkler氏はまず、Googleがユーザーの検索履歴を保持していることに疑問を投げかける。「彼らは検索サービスを提供し、ばく大な数のウェブサイトをインデックスしている。そして検索の最適化のために、ユーザーの検索履歴を保有しているが、それを何カ月も持ち続ける必要があるのだろうか」とWinkler氏は指摘する。

 「Googleは個人を特定できるような情報は持っていないと言うが、IPアドレスは保持している。たかがIPアドレスと思うかもしれないが、IPアドレスはCookieのようオフには設定できない。それにGoogleは、個人を特定できる情報はないとしながらも、実際にはGmailやGoogle AppsなどGoogleの提供するサービスを使う際にログインするよう要求している。ユーザーは当たり前のようにログインしてこれらのサービスを使っているが、これは本当に安全なことなのだろうか」(Winkler氏)

嫌われ者のMicrosoft 対 クールなGoogle

 ここでWinkler氏は、「嫌われ者のMicrosoftと、皆がクールだと言うGoogle」を比較した。Microsoftは、生活のすべてをWindowsにて提供したいと考えている。そうすることで、彼らのソフトウェアが売れるからだ。Microsoftは個人のデータを入手しようとはしておらず、ソフトウェアの販売のみに注力している。

 一方のGoogleは、ソフトウェアを販売しようとはあまり考えていない。生活のすべてをサービスで提供し、提供するサービスで得られたユーザーのデータを管理している。Microsoftとは全く違うアプローチだ。「『さすがGoogleはMicrosoftと違ってクールだ。斬新的な企業はやることが違う』と皆声をそろえるが、この意見は昔、Microsoft支持者が言っていたことと似ている」とWinkler氏は指摘する。

 「例えば、試しにEric Schmidt氏をはじめとするGoogleのエグゼクティブをGoogleでサーチしてごらん。あまり重要な情報が出てこないだろう。過去にCNETでSchmidt氏の情報が公開されたこともあったが、現在こういった情報が出てこないのは、Googleが検索をコントロールしているからだと思わないか?」(Winkler氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]