編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

絵でみる「Microsoft Exchange Server 2010」ベータ版

文:Chris Duckett(ZDNet.com.au) 翻訳校正:編集部

2009-04-24 14:43

 Microsoftは米国時間4月15日、「Exchange Server 2010」のベータ版を公開した。今や世界の企業の65%がExchangeを導入しているという。  この記事では、2009年後半に正式版公開が予定される同製品をみてみよう。  こちらはセットアップ画面。「Microsoft .NET Framework 3.5」と「Windows PowerShell 2.0」に大きく依存していることが分かる。これらの必須コンポーネントがまだコンピュータにインストールされていない場合は、インストールを求めるメッセージとインストールのためのリンクがセットアッププロセスで表示される。
 Microsoftは米国時間4月15日、「Exchange Server 2010」のベータ版を公開した。今や世界の企業の65%がExchangeを導入しているという。

 この記事では、2009年後半に正式版公開が予定される同製品をみてみよう。

 こちらはセットアップ画面。「Microsoft .NET Framework 3.5」と「Windows PowerShell 2.0」に大きく依存していることが分かる。これらの必須コンポーネントがまだコンピュータにインストールされていない場合は、インストールを求めるメッセージとインストールのためのリンクがセットアッププロセスで表示される。

 Microsoftは米国時間4月15日、「Exchange Server 2010」のベータ版を公開した。今や世界の企業の65%がExchangeを導入しているという。

 この記事では、2009年後半に正式版公開が予定される同製品をみてみよう。

 こちらはセットアップ画面。「Microsoft .NET Framework 3.5」と「Windows PowerShell 2.0」に大きく依存していることが分かる。これらの必須コンポーネントがまだコンピュータにインストールされていない場合は、インストールを求めるメッセージとインストールのためのリンクがセットアッププロセスで表示される。

Chris Duckett/ZDNet.com.au

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]