編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

年間15億円のITコスト削減を実現した日立電サのIT改革

大川淳

2009-04-28 20:54

 先頃開催されたOracle OpenWorld Tokyoでは、成功事例の紹介も特に関心が高かったようだ。

 日立電子サービスは今回、「攻めの保守サービスへの転換 - 利用者4,000人のシステム構築によるサービスモデル変革」と題し、サービス要員の稼働率を上げてコスト競争力回復を図り、製品故障などをきっかけとする受け身の修理型から、顧客のシステムライフサイクル全体を対象とした総合提案型へと、サービスモデルの変革を目指した同社の取り組みを解説した。

日立電サの変革:保守サービスから統合サービスへ

石原弘行氏 石原弘行氏

 同社は1962年の設立で、現在(2009年4月)の従業員数は5363人。国内に320カ所、海外には10カ所の事業拠点をもっている。事業内容は情報および通信システムの総合サポートサービスだ。

 保守サービス事業は、メインフレームや大型システムのオープン化により、サポートする対象が廉価な小型機器に移行したため、サービス単価が低落傾向にある。加えて、サポートメニューも保守そのものから、企画、設計、構築、運用などに広がっており、「保守」サポート事業が大きな変化を遂げたのが現状だ。

 そこで同社では、自社のシステム効率化、IT化とともに、今後顧客からの要望としていっそう拡大してくる統合的サービスのできる企業へ変革しようと取り組みを始めた。

入念な準備が改革を支えてJP1を導入

 日立電子サービス サービスインフラ開発部 第3グループ チーフエンジニアの石原弘行氏は、「自社システムが複雑化して規模も大きくなり、保守運用コストが増大した。日本企業ではこれらのコストがIT費用の7割を占めるといわれる。2002年当時の当社も同様で、これを5対5の比率にすることを目指した」と話す。

 同社はまず、全社的にIT化を推進する体制を整え、「ITビジョン、IT戦略、ITマスタプランを策定」(石原氏)し、「いち早くITILを取り入れてシステム運用業務の改善」(同)を図った。

 すべての運用システムを見直しベストプラクティスを適用、統合システム運用管理ツール「JP1」などを導入して自動化を進めた。

 その結果、障害発生件数は半減、運用コストも大きく低減した。

 「いまではITIL Foundationの資格取得者は社員の8割に達している」(同)という。

開発規模削減のため「Oracle E-Business Suite」採用

 日立電子サービスは事業を統合的サービスに発展させるための基盤として、FSM(Field Service Management)システムを構築することになる。

 このとき、同社はSI事業者との共同作業という道を選択し、大規模開発に実績のある日立製作所の産業・流通システム事業部に開発業務を委託した。

、同社では開発規模を縮減させるためパッケージ利用に踏み切り、「Oracle E-Business Suite」(EBS)を採用。サービス種別ごとの標準化を実施し、「個別最適で実行していたプロセスを標準化」(同社 情報システム技術本部 事業システム部 チーフエンジニア 吉田浩美氏)することで、新規サービスに迅速に対応できるようになった。

年間200万件以上に上るサポート案件--課題だったDB統合

 同社が年間で抱えるサポート案件は200万件以上に上っているとともに、ここまでの事業展開で蓄積された多種、多様なデータは膨大なものとなる。そのため、データベースの統合も大きな課題だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]