編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

BPMをサポートするIT製品ってどんなもの?--いくつか見てみる - (page 5)

富永康信(ロビンソン)

2009-05-01 13:00

金融業界に強いドキュメントベースの「Global 360」

 「Global 360 Enterprise BPM Suite」(Global 360)は、イメージワークフロー製品のViewStarをベースにシステムをグレードアップし、業務プロセスおよびドキュメントイメージなどのコンテンツ制御、業務プロセスの標準化、自動化、業務監視・管理を実施するBPMSへと進化させたものだ。

 この製品は特に金融分野に強く、銀行・保険・クレジット業界の複雑な契約書のやり取りなどを中心とする、さまざまな業務プロセスを効率化するためのソリューションとして知られている。電子化された帳票とメタデータを活用してプロセス全体の最適化をしていくとともに、顧客サービスレベルの向上、事務処理ミスの防止、文書管理の厳格化などで業務効率向上をサポートする。

 Global 360は主に次の2つの機能で構成される。1つは、ビジュアルなデザインツールで業務プロセスを可視化する「Process Manager」。この機能では、デザインした業務プロセスをワークフローとして実行し、業務プロセスの制御・自動化を行う。2つ目は、ドキュメントの現物をスキャンして作成したイメージデータとその他の文書データを制御する「Image Manager」。FAX、メール、Officeドキュメント等をコンテンツとして、案件単位で管理し、ワークフローを実現する。

 また、これらに業務プロセス最適化オプションの「Business Optimization Server」を組み合わせることで、業務プロセスの実行状況をリアルタイムにモニタリングし、その結果を基にした分析、レポート、シミュレーションを行えるようになる。人的リソースの最適化や業務プロセスの改善、再配置といった経営判断に必要なデータが取得できる。

 SavvionとGlobal 360は、ともに日商エレクロトニクスが国内で提供し、製品の日本語化や、導入作業、保守サービス、トレーニングを行っている。

Global 360 Enterprise BPM Suite ドキュメント管理とBPMが一体化した「Global 360 Enterprise BPM Suite」。金融業を中心に保険、製造、流通など、世界で2000社以上の導入実績を持つ。(画像クリックで拡大表示)

これからBPMに取り組む企業へのアドバイス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]