編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows 7 RC 日本語版にまだ英語が残っている理由

冨田秀継(編集部)

2009-05-01 00:49

 マイクロソフトは4月30日、「Windows 7 RC」(製品候補版)の国内公開スケジュールを発表するとともに、日本語版に関する説明会を開催した。

 マイクロソフト コマーシャルWindows本部 本部長の中川哲氏は、「(約10年)Windowsを担当しているが、RC版では最もパフォーマンスが高い」と自信を見せている。

 Windows 7はメモリ搭載量が1GBを越えるとXPよりも確実に早くなる、1.5GB、2GBと積んでいけば、その軽さは「圧倒的になる」という。

Windows XP Modeは中小規模環境で、大規模環境ではMDOP推奨

 新OSの登場のたびに課題として取りあげられるのは、アプリケーションの互換性だ。同社ではWindows 7に「Windows XP Mode」を用意し、この課題に対処していく考えだ。

 ただし、ゲームなどのコンシューマ向けソフトへの対応というよりも、業務アプリケーション分野での解決策としてWindows XP Modeを用意したという。

 中川氏は説明会でWindows XP Modeを披露したが、そこでデモされたのはInternet Explorer 6(IE6)だ。これは現在の業務アプリケーションの利用状況を踏まえると、非常に意味深なデモンストレーションとなった。

 それと言うのも現在、小規模から大規模環境に至るまで業務ウェブアプリケーションはIE6のみの対応という場合が多いからだ。

中川氏が披露したWindows XP ModeでIE6を動作させている様子。ウィンドウにAeroが効いていない 中川氏が披露したWindows XP ModeでIE6を動作させている様子。ウィンドウにAeroが効いていない

 なお、Windows XP Modeは中小企業で利用されている業務アプリケーションの互換性を保つことに主眼をおいている。同社では、大規模環境向けにはデスクトップ仮想化管理製品「MDOP(MED-V)」の利用を推奨している。Windows XP ModeではVHDの配付や、スクリプトを用いた作業の自動化に対応していないためだ。

現在もWindows 7のコアモジュールの開発に注力

中川哲氏 中川哲氏

 Windows 7 RC版の提供が日本語ウェブサイトで間もなく始まろうとしている。日本語版の使用を始めると、ベータ版同様にメニューやUIが日本語化されていることが確認できるだろう。

 しかし、深く掘り下げて使っていくと、まだまだ英語が残っている個所もあるという。

 中川氏はその理由として、「Windowsの開発プロセスはVista以降に大きく変わった」ことを挙げている。

 「Windows Vistaは何語でもないOSとして開発され、そのコアに言語パックをかぶせていた」とのことで、Windows 7でもおおむね同じ手法がとられているようだ。多少英語が残っているかもしれないが、「マイクロソフトはコアモジュールの開発に注力している」と受け取ってもらいたいと語っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]