編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Windows 7」RC版リリース--マイクロソフトのサーバにアクセス急増

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-05-01 11:52

 Microsoftは米国時間4月30日、「Windows 7 Release Candidate(リリース候補版)」をMSDN、TechBeta、TechNet加入者向けにリリースした。だが、1月のベータ版公開時と同様Microsoftのインフラにはアクセスが殺到したようだ

 私の同僚でZDNetのブロガーであるEd Bottがレポートしているように、SQLサーバは崩壊寸前だったようだ。Bottによると、Microsoftは数時間後に問題を修正したという。

 このRC版は、RTM(製造工程向けリリース)前にMicrosoftが公開する最後のバージョンとなる。RC版を試用してみようと思っている人は、その前にいくつか注意しておくべきことがある。Microsoftはユーザーに、最大限に活用する(そして、Microsoftがより良いフィードバックを得られる)ためにクリーンインストール(ベータ版に重ねてインストールしないよう)を推奨している。1月のベータ版と今回のRC版の間に、目に見える大きな違いはなく(UI通ではない限り)、多くの作業はバグ修正と性能改善を中心に行われているようだ。

 忘れてはならないのは、テスト用としてリリースされたのはクライアント向けのWindows 7 RC版だけではない。MSDNとTechNet加入者は「Windows Server 2008 R2」(『Windows 7 Server』)もダウンロードできる。また、同日、Windows 7の「XP Mode」「Virtual PC」の各アドオンも提供されている

 これらの製品のテストビルドの一般公開は5月5日の予定だ。それまでにMicrosoftはサーバを調整するだろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]