編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows 7」RC版、米国で一般公開を開始

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-05 13:16

 「Windows 7」のリリース候補(RC)版が米国で一般公開されたようだ。

 同バージョンは、トレントサイトに流出後、Microsoftの技術者向けサイトで先週公開されていたが、米国時間5月4日遅くにMicrosoft.comに登場した。同バージョンの一般公開は5日に本来予定されていた。

 リリース候補版(ビルド7100)は、同OS完成前に実施される最後の大きなパブリックテストになると言われている。Microsoftでは、「Windows Vista」が広範囲に提供されてから3周年を迎える1月より前には Windows 7をリリースすることを計画している。しかし、2009年のホリデーシーズンに出荷されるPCへの搭載に間に合うよう、Microsoftは同OSを完成させるのでは、というのが大方の見方となっている。

 Microsoftの関係者にコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]