編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、クライアント向けアプリ仮想化技術「App-V」をサーバでデモ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-05-11 12:12

 2008年、Microsoftがクライアント仮想化技術の「App-V」をサーバに拡大させることに関する話があった。Microsoftはこれについて公式には発表していないが、先日、サーバ側でのアプリケーションストリーミングをデモしている。

 2009年4月に開催した「Microsoft Management Summit」で、Microsoftはサーバ側で動くApp-Vをデモし、複雑なサーバベースの業務アプリケーションとOSイメージが仮想的に独立して実装できることを披露した。

 App-VはMicrosoftが2006年に買収したSoftricityの技術を土台としたもので、現時点では、クライアント側の製品として、「Software Assurance」の下で「Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)」ライセンス保有者のみに提供されている。

 Microsoftの仮想化動向を報告するブロガー、Matt McSpirit氏は5月7日付けの投稿で、サーバ上で動くApp-Vのデモについて書いている(このブログには、Management Summitで行われたデモのビデオへのリンクもある)。

 サーバ向けApp-Vは、「すぐには登場しないだろうが、将来、サーバアプリケーションをインフラに実装する方法において、大きな変化をもたらすだろう」とMcSprit氏は述べている。

 McSpirit氏はまた、64ビットに対応した「App-V 4.6」(現在アルファ版)についても言及している。Microsoftの代表者は2008年、64ビット対応は、2010年前半に実現する見込みと述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]