編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Rackable Systems、買収後も米SGIの社名存続を決定

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:湯木進悟

2009-05-13 08:08

 データセンター向けハードウェアを専門に扱うRackable Systemsは、米Silicon Graphics(SGI)の買収手続きの完了後に、「SGI」という新社名を採用することになった。

 同社は、米国時間5月11日に正式な発表を行った。4250万ドルでのSGIの買収は、4月30日に裁判所での承認が得られ、5月8日に完了した。

旧ロゴ 旧ロゴ

 今回の買収手続きにおいて、Rackableは、Silicon Graphics Internationalと呼ばれる子会社を立ち上げた。その後、Silicon Graphics Internationalは、SGIの資産および負債を引き継いだ。今後Rackableの名称は、「Silicon Graphics Internationalの一事業体」として用いられるようになる。またSGIはSilicon Graphics Internationalのブランド名として利用されることになる。

 新たなSGIのポートフォリオには、中規模および大規模データセンター向けの高性能製品ラインアップおよび高性能コンピューティングが含まれる。新生SGIの取締役会は、Rackableおよび旧SGIのシニアエグゼクティブで構成され、Rackableの最高経営責任者(CEO)であるMark Barrenechea氏が、引き続き、新生SGIでもCEO職に就くことになる。

新ロゴ 新ロゴ

 Barrenechea氏は、11日の公式ブログへの投稿において、Rackableの名前は、今後もSGIのx86クラスターコンピューティング製品群のブランド名として存続する方針を明らかにした。「Rackableは、新たなSGIのもとに、業界でも知られた、ICE Cube、Altix、InfiniteStorage、CloudRack、MicroSlice、Origin、VUEなどのブランドを統合する」と、Barrenechea氏は記している。

 米国カリフォルニア州フリーモントに本社があるRackableは、1999年に創設されたのに対し、カリフォルニア州サニーベールに本社があったSGIは、スタンフォード大学の卒業生らによって、1981年に立ち上げられた。米国防総省などの大手との取り引きもあったSGIは、4月初めに連邦破産法11条(チャプター11)の適用申請を行い、Rackableが、速やかな買収を進めた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]