編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アップル、「Mac OS X Leopard」バージョン10.5.7をリリース

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-13 11:27

 Appleは米国時間5月12日、「Mac OS X Leopard」のアップデートであるバージョン10.5.7をリリースした。複数のバグとセキュリティ問題を解決したほか、ハードウェアサポートが拡張されている。

 アップデートで修正されている複数のセキュリティ問題には、ウェブサーバのApacheやPHP、CoreGraphics、Safariに関連した問題が含まれている。アップデートはまた、Apple Type ServicesやQuickDraw Manager、WebKitなどに存在する、任意のコード実行を招く脆弱性をそれぞれ修正している。

 ハードウェアサポートで強化されたのは、サードパーティー製デジタルカメラのRAWイメージへの対応である。同フォーマットはJPEGよりもより多くの画像情報を保持することが可能である。このアップデートではまた、NVIDIA製のグラフィックスコンポーネントを搭載した最近のMacでの動画再生とカーソル動作のパフォーマンスを改善し、Mac OS X 10.5.6におけるDvorakキーボードレイアウトの問題も解決している。

 Mac OS X 10.5.7には、ネットワークの安定性やパフォーマンスに関連した問題のほか、Gmailのログインや米Yahooでのコンタクトの同期に関連した問題に対するパッチが含まれている。アップデートはまた、Unit ConverterやStocks、Weather、Moviesなど一部のDashboardウィジェットで問題となっていた精度を改善するパッチも含んでいる。

 iCalに関しては、CalDav処理の信頼性のほか、MobileMeとの自動同期などが改善されている。Appleはまた、Parental Controlsとアプリケーション制限の整合性を改善した。

 このアップデートは、Mac OS X Leopardを使用している全てのユーザーを対象に推奨されており、スタンドアロンのインストーラかSoftware Updateで適用可能になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]