編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アップル、WWDCの詳細発表--基調講演はシラー氏

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-14 10:06

 Appleの「World Wide Developers Conference(WWDC)」が米国時間6月8日午前10時にサンフランシスコにおいて、同社マーケティング担当バイスプレジデントPhil Schiller氏の基調講演で開幕することが明らかになった。

 米国時間5月13日朝に発表されたプレスリリースによると、基調講演は、Schiller氏をはじめとする「複数の同社幹部」が、サンフランシスコのモスコーンセンターで行うという。

 予想通り、Appleは、出席した開発者やメディア関係者に対して、同社最新OSである「iPhone OS 3.0」および「Mac OS X Snow Leopard」についての話を聞く機会を得られることを約束している。

 ただし、関心の高い2つの話題については何も触れられていない。新しい「iPhone」ハードウェアとSteve Jobs氏についてだ。Jobs氏は当初、同氏の休養が終わるのを「6月下旬」としていた。これは恐らく、6月8日開催のWWDC以降を意味していると思われる。しかし、同氏登場の可能性がないわけではない。

 新しいiPhoneについてもまるで謎解きゲームのようになっている。Appleは、過去2回の6月開催のWWDCで新型iPhoneに関する発表をしている。Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は13日、WWDCにおける新型iPhone発表について期待していないとリサーチノートで述べた。

 同氏は、「むしろ、Appleが6月下旬か7月前半に、iPhoneシリーズ発表で特別イベントを開催する、と予想している」と述べた。このシナリオは、Jobs氏が復帰していれば、iPhoneを紹介する名誉を得られる、という点において興味深い。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]