編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Visual Studio 2010」ベータ1がまもなく登場か?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-05-16 07:27

 Microsoftが米国時間5月11日から15日まで開催した「TechEd」カンファレンスでの最大の疑問は--人気スピーカーで、元Microsoftのセキュリティ専門家、Steve Riley氏がどうなったのかという疑問以外に--、「Visual Studio 2010(VS2010)」のベータはどうなったのかだ。

 Twitterでは、Microsoftの次期開発ツールとなるVS2010のベータ版に関する情報を求めるたくさんのTechEd参加者のつぶやきが出ていたが、確かな情報は得られずだった。

 私の周囲の情報を基にすると、VS2010と「.NET Framework 4.0」(.NET 4)のベータ1はここ数週間のうちにリリースされるようだ。早ければ5月18日の週という可能性もありそうだ。

 Microsoftの代表者は、VS2010で予定している新機能のいくつかをおおまかに紹介している。VS2010の正式版は、2009年の終わりまでに登場すると予想されている。TechEdでは、何人かの出席者が、Microsoftのプログラミング言語であるF♯が含まれるという情報Iron Pythonは現在のF♯と同じようにバンドルされずに出荷されるといった情報や、追加の機能について話をしていた。

 このほかにもTwitterには、“VS2010での「Sharepoint Team Foundation Server(TFS)」の統合はクールだ”という声があったが、2008のプロジェクトから新しいテンプレートに移動するためにはツールをアップグレードする必要がある。

 VS2010と.Net4のリリースについてMicrosoftに問い合わせてみた。回答があれば、ここで紹介したい。

 関連したニュースとして、VSチームが開発して使っているテストツール“Camano”の正式名称が、「Microsoft Test and Lab Manager」に決定したことが発表されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]